自宅で検査できる!不妊やがんの原因を徹底チェック!

性感染症と言う言葉は聞かれたことのある方も多いかと思います。

その名のとおり、性行為でうつる感染症です。

種類が多数ある性感染症ですが、その中には、うつるとガンの原因になったり、不妊の原因になるものもあります。

不妊症になる可能性のあるもの

クラミジアや淋病は、女性はほぼ無症状のうちに感染が進行していき、気付いた時には卵管が癒着して不妊症になっていたということも珍しくありません。

また、妊娠できても、流産や子宮外妊娠のリスクが高くなることがわかっています。

ガンになる可能性のあるもの

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)は、良性型と悪性型があり、良性型の場合は尖圭コンジローマという陰部にイボのできる病気となります。

それもイヤな病気ですが、悪性型の場合には子宮頸がんのリスクが高くなることがわかっています。

ワクチンで予防が可能となっていますが、すでに感染している場合には効果がありません。

そのはか、HTLVー1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)感染症は血液のがんを、C型肝炎は肝がんを引き起こす場合があります。

自分は大丈夫でも…

性行為を夫としかしないから性感染症の危険性はない!と思われている方もいるでしょう。

しかし、夫が不倫したり、夜のお店に行く可能性がある…という方は要注意です。

いつもらってくるかは予測不能です。

また、自身が奔放な場合も要注意です。

性感染症は女性は症状がない場合も多く、感染が進行してからやっと症状が出る場合もあります。

定期的に婦人科検診へ!

1年に1回は婦人科検診を受けることを強くおすすめします。

子宮頸がんの検診だけでなく、おりもの検査や内診、経膣エコーで子宮や卵巣の状態をチェックしてもらうことは非常に大切です。

性感染症のチェックもこの時にしてもらうと安心です。

病院へ行く時間が…

仕事や子育てで病院へ行く時間が取れない方は、自分で検査する方法(性病検査 STDチェッカーもあります。

上記で紹介しましたクラミジア、淋菌、ヒトパピローマウイルス、C型肝炎のほか、トリコモナス、カンジダ、一般細菌、HIV、梅毒、B型肝炎などの検査ができるので、病院に行く時間が取れない…という方におすすめです。

匿名で検査が受けれるので、婦人科に行くのに抵抗のある方や、受診を人に知られたくない方に最適な方法と言えます。

まとめ

性感染症は、女性の一生を奪う可能性があります。

早期に発見して治療することはとても重要なことです。

ぜひこの機会に、検査を受けることをおすすめします。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2018.7.16~17 アマゾンプライムデー開催!!オムツ半額は出るか!?
セールで早い者勝ち!!授乳に便利!瞬間ラクキャミがセールで300円台!
ワンオペ入浴!赤ちゃんと上の子のお風呂ってどうすればいいの!?
お値段以上!マザーズリュック購入しました!
産後の救世主!香ばしいごぼう茶!
節約パパママ必見!子育て用品を月2回も無料で手に入れる方法!
プレママ&ママ必見!福山市 思いやり駐車場
オムツメーカーのポイントキャンペーン比較!
福山市からもらえる!プレママ・ママへのプレゼント!
産前産後に使える!楽々おいしい宅食サービス3選!
こんなのあった!?ブラックフライデー!
蜂が室外機に!?室外機カバー自作で対策!
買ったほうがお得!たまごクラブ9月号
仕事復帰=卒乳じゃない!1歳超えても授乳する方法とそのメリット!
来た来た!年末お得情報!!2017

Menu

HOME

TOP