しないと損するかも!主婦在宅ワーカーの確定申告

確定申告の季節がやってきました(;^ω^)

フリーランスの主婦の確定申告って正直、よくわからないですよね(;^ω^)

扶養とか、年収とか、所得税、源泉徴収などなど、いろんな用語が出てきて、調べるごとになんじゃこりゃあ!!( `ー´)ノってなります 笑

そもそも確定申告の必要があるのかないのかもわかりづらいですよね。

主婦兼在宅ライターのkanaママも、確定申告が必要な状態なんですが、しなくてもよかったりもします(=゚ω゚)ノ

え?どういうこと?と思われた方に、ざっくり説明したいと思います。



確定申告は必要?

年収が38万円以内なら確定申告はしなくてもいいです。

所得税がかかるボーダーが38万円という数字(=基礎控除)なので、それ以内であれば申告の必要がないとされています。

でも、確定申告をすることで、お金が返ってくる場合があります!

源泉徴収されてるなら確定申告を!

クラウドワークスの場合だと、案件に応募する際に、「クライアントに源泉徴収してもらう」かどうかをチェックする欄があります。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用しない場合でも、個人で会社などと契約して仕事をもらう際には、源泉徴収される場合が多いかと思います。

源泉徴収は、報酬にかかる税金(所得税)を会社(クライアント)経由で先に払ってもらうことを言います。(明細や支払調書をチェックしましょう)

なので、報酬から所得税が差し引かれた金額が、収入として入ってきます。

でも、前述のとおり、年収が38万円以内なら所得税はかからないので、源泉徴収された分は損していることになります(゚Д゚;)

この金額を確定申告することで取り戻すことができるので、年収が38万円以内の場合でも確定申告をしたほうがお得と言えます!

ちなみに38万円を超えていても、在宅ワークなど内職の場合、収入から必要経費を差し引いた残りの額が38万円以内なら所得税はかかりません(^^♪⇒国税庁HP

経費は必ず記録しておいて、確定申告で申告しましょう!



103万円の壁って関係あるの?

一般にパート主婦が気にする103万円の壁が、在宅ワークの場合には38万円の壁になります。

パートなどお給料をもらっている人には、給与所得控除という所得税がかからない枠が65万円分あるので、基礎控除の38万円と合わせて103万円分は所得税がかからないんです。

ところが、在宅ワークなど個人でやっている仕事の場合はこの給与所得控除の65万円が適用されません(゚Д゚;)

なので、基礎控除分の38万円以内なら所得税がかからないというわけです。

それと、38万円以内なら配偶者控除が受けられて、旦那さんの年末調整の際に還ってくる金額が多くなります(^^♪

(旦那さんの年収によってはこの控除が受けられない場合もあります( ;∀;))

38万円を越えた場合、配偶者控除は受けれませんが、配偶者特別控除の枠内ならいくらか還ってきます!

詳しくは⇒国税庁HP 家族と税

また、ご主人の扶養に入ることで、健康保険料や年金の負担がなくなります!

在宅ワークで38万円を超えるか越えないかではいろいろとお得さが違いますので注意しましょう!

2018年は150万の壁に!

今年2018年から配偶者控除が改正されるので、103万の壁が150万の壁になり、必然的に在宅ワーカーの場合も38万円の壁が85万円の壁に拡がります!

詳しくは⇒国税庁 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ

ただ、所得税は基礎控除38万円のままなので、超えた分に所得税はかかることになります( ;∀;)

忘れちゃいけない、住民税のボーダー

福山市の場合、年収が35万円以内なら住民税はかかりません。

詳しくは⇒福山市HP 市民税Q&A

kanaママ、38万円の壁はわかっていたんですが、住民税を失念しており焦りました( ;∀;)

ですが、サーバー代などで数万円経費で計上できるものがあるので、おそらく住民税はかからないはず!

自治体によって金額が違いますので、お住いの市役所HPを調べてみましょう!

まとめ

kanaママは、確定申告をしなくてもいい38万円以内の年収ですが、源泉徴収されまくっているので(およそ2万円)それを取り戻すために確定申告に行ってきます!

経費に計上できるものもきっちり書いて、実質の年収は35万円以下なので住民税もかからないはず!

さっそく、国税庁のHPから確定申告の書類を作成したいと思います!

国税庁 確定申告書等作成コーナー

赤ちゃん連れで税務署まで行きたくないので、プリントアウトして郵送で確定申告を済ます予定です(=゚ω゚)ノ

今年から制度が変わるので、主婦で在宅ワークをするなら、扶養に入れて所得税もかからない年収は38万円以内に抑えるか、所得税はかかるけど扶養範囲内の85万円以内で働くか、どちらかがお得かと思います。

もちろん、がっつり稼げる人はそれに越したことはないですが(;^ω^)

月7万円をコンスタントに稼げるようになりたいです(=゚ω゚)ノ

とりあえず、確定申告の書類作成を頑張ります!




  • LINEで送る

コメント

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

在宅ライターのリアル!産後復帰3か月の仕事状況と月収
在宅で主婦が稼ぐ方法!リアルな成功談と失敗談
在宅ワークに興味ある方必見!福山市 在宅ワーク実践講座追加開催!
2人目入所決定!在宅ワーカーで保育所に入れた!
妊娠中の在宅ワークはおすすめ!
在宅ワーク(ライター)の受注数アップ術!
おっとヤバい。依頼が来ない…
パソコンさよなら!2画面表示ができる!iPad9.7+Bluetoothキーボード!
社会に取り残される!?フルタイムマザーの孤独感解消法はこれ!
産後復帰して半年!!赤ちゃんと一緒に在宅ワークは楽!?大変!?
2018年 在宅ワークの目標!!
家で仕事ができる!看護師ライターにどうやったらなれるの?
会社員から在宅ワーカーへ 収入や生活はこう変わった!
月収約10万!看護師ライターの最高月収と月収推移
在宅ライターに有利な資格は?主婦歴も武器にする!

Menu

HOME

TOP