インフルエンザ

子育て×お得

10月?11月?子どものインフルエンザ予防接種はいつ受けるべき?

子どものインフルエンザ、怖いですね。 大人がかかってもかなりしんどいインフルエンザですが、子どもがかかると肺炎やインフルエンザ脳症を発症することもあります。 インフルエンザ脳症は、主に5歳以下(特に2歳以下)の子に発症しますので、年齢に該当するお子様をお持ちの方は注意が必要です。 年間200~300人にインフルエンザ脳症が発生し、命に関わることも! この子どものインフルエンザの予防に有効なのが、予防接種です! いつ予防接種に行くべきか見ていきましょう!
産後×里帰りなし

もうすぐ4月なのに!?インフルエンザまだ流行中!

インフルエンザにかかることなく、この冬を乗り越えれた〜♪(´ε` ) …とか思ってたら、3歳長男が保育所からもらってきましたΣ(゚д゚lll) B型インフルエンザに保育所で数人まだかかってたのは知ってたんですが、まさか春らしい日が続く3月下旬にもらってこようとは( ゚д゚) 症状の出方は人それぞれですが、 ▪3才児 ▪予防接種2回接種済み ▪保育園児 の我が家の長男のインフルエンザの熱と症状の経過を記録してみました!
過去のイベント

保育所でも流行!インフルエンザ回避中!

長男の通う保育所でも、年長クラスにインフルエンザが流行り始め、ついに長男のクラスにもウイルスの魔の手がΣ(゚д゚lll) わが家には生後2ヶ月の赤ちゃんがいるため、インフルエンザを避けないと、最悪生死に関わりますΣ(゚д゚lll) 産後で免疫力も落ちているので、kanaママも感染すればそれこそ一家全滅の危機!(゚Д゚;) なので、できる手を尽くしてインフルエンザを回避している状態です(>_<) 乳幼児のいる家庭向けのインフルエンザ回避方法をご紹介したいと思います!
子育て×お得

冬生まれは大変!初めての予防接種

長女の初めての予防接種(ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎の注射計3つとロタウイルスのシロップ1つ)に行ってきました! このインフルエンザやらノロウイルスやらが猛威を振るっている時期に、免疫も未熟な小さい赤ちゃんを小児科に行くのは不安しかありません(>_<) 今回の予防接種で学んだ、この時期の予防接種を受ける際の注意点をお伝えしたいと思います! 滞在時間はできるだけ短く! これはもう鉄則です! 病院での滞在時間が長くなればなるほど、ウイルスをもらってくる可能性は高くなります∑(゚Д゚) いかに短くするかが冬の予防接種では特に重要です。
産後×里帰りなし

RSウイルス流行中!ジグザグ熱に要注意!

RSウイルスってなに? RSウイルスは、乳幼児の肺炎の原因の約50%を占め、生後6ヶ月以内の赤ちゃんがかかると重症化しやすく、入院の必要が出てくる怖い病気です。 ですが、もうすぐ3歳の長男ぐらいになると、鼻水と発熱、咳などの風邪症状が出てくるぐらいで、そんなに心配するような病気ではなくなります。
スポンサーリンク