寝不足の原因!妊娠中の股関節痛

産後×里帰りなし

今原因、すごい困っている妊娠中の症状が、股関節痛!ヽ(´o`;

座卓に座ってる状態から立ち上がる時、浴槽のふちをまたぐ時、車に乗り込む時など、日常のちょっとした生活動作の時はもちろん、寝返りの時や咳をした時にも、この股関節痛に非常に悩まされています´д` ;

しかも、痛み方が、なにか引き剥がされるかのような感覚と痛みがあるので、痛いし怖い!

股関節痛の痛みを改善すべく、原因と対処法について調べてみたいと思います!

股関節痛の原因

kanaママの場合は股関節痛がひどいですが、腰や骨盤周りの痛みは、妊婦さんの約半数が経験しているそうです。

具体的には、腰、恥骨周辺、股関節、背中、仙腸関節(尾てい骨あたり)、おしり、そけい部の順に多く、人によって痛む部位や程度が違ってきます。

原因として言われているのが、下記の2点です。

①胎児の成長に伴って、重心やアライメント(骨・関節の配列、骨の並び方のこと)が変化し、体重増加によって負荷がかかる

②妊娠中、関節やじん帯を緩める働きのあるリラキシンというホルモンが分泌される(骨盤周りの関節やじん帯が緩くなると、出産時に赤ちゃんが通りやすくなるため)

つまり、妊娠による体型の変化で、からだのバランスが悪くなって、あちこちに負荷がかかって、さらに関節やらじん帯がゆるゆるになるから、関節の周りの筋肉やじん帯がダメージを受けて痛くなるということですね。

なぜ、この引き剥がされるような痛み方をするのか、気になって調べたところ…

股関節って、簡単に抜けない様に、じん帯でぐるぐる巻きになってるらしく、それが妊娠することで緩んだり、負荷がかかることで、引っ張られやすい状態になって、痛みが出るということのようです( ;∀;)

対処法

股関節痛やその他の関節の痛みの対処法として、下記が挙げられます。

1.骨盤ベルトでしっかり締める

ゆるゆるになった関節を守るために、骨盤ベルトで締めるのが一番痛みを軽減するのに効果的なようです。

歩行時や家事をする時などは、トコちゃんベルトを使っているのですが、これで確かに痛みは軽減します!

でも、股関節痛が辛いのが、横になって寝返りをうつ時だったりするので、就寝時はベルトで締め付けたくない…。

軽く締めつつ、ある程度の伸縮性があって、蒸れない素材のベルトってあるのかな…?

2.同じ姿勢を続けない

座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同一体位で長時間いると同じ場所に負荷がかかりダメージが大きくなるので、同じ姿勢は避けることが大切です。

ただ、寝ている時にそれは厳しいですよね( ;∀;)

確かに横向いて寝ている時間が長いと、その分股関節痛がひどくなるので、トイレで目が覚めるたびに悶絶しているんですが、だからって寝ている無意識の時に寝返りを頻回にうつなんて不可能((+_+))

ベッドが自動で動いて寝返りを打たせてくれたら…ってのは無理なので、どうしたものか…。

3.適度な運動

適度に動かすことで、筋肉の緊張をほぐして血流を良くし、痛みの原因になる疲労物質が貯まらないようにすることができます。

マッサージや入浴も同じ効果があります。

kanaママは在宅ワークなので、本当に日ごろ動いていません(;・∀・)

散歩とか行くべきなんでしょうが、行く当てもない散歩ってつまらない…

長時間歩くとお腹も張るし、股関節も痛いし…

…このままではいけない気がするので、とりあえず、wii Fitのヨガでもしようかな(;・∀・)

まとめ

この股関節のはがされるような痛みの原因が、じん帯がゆるんでひっぱされていることが原因のようなので、寝ている時に使えるベルトをなにか試作しようかなと考え中。

スリーパーを作った余り布で作ろうかな(^^♪

あと、wiiのヨガも始めようと思います!

効果はまた報告できればと思います!(^_-)-☆

 

参照リンク

京都大学 妊娠に伴う腰背部から骨盤周囲の疼痛の実態調査

股関節の痛みの原因を治療する

妊産褥婦における骨盤支持の目的と方法および効用に関する文献検討

コメント