看護師ライター5年の軌跡

看護師ライター×在宅

産後2か月!祝☆仕事復帰

無事に大きな問題もなく、産後2か月目に突入することができました(^^♪ 里帰り無しで、パパと保育園児の長男と、保健師さんやネウボラさん、産後ヘルパーさんなどの福山市の産後支援事業に助けてもらうことができ、本当に感謝感謝です。 食事や掃除などで週2回お世話になっていた産後ヘルパーさん(産後ヘルパーさんについて詳しくはこちら)も、頼まなくても大丈夫になりました。 そして、在宅ライター(テレワーク)の仕事復帰をすることができました! 在宅ワーク再開!
看護師ライター×在宅

在宅ワークに興味ある方必見!福山市 在宅ワーク実践講座追加開催!

出産やらなんやらで、こんな大事な情報を見逃していました(゚д゚)! 子育てや介護で、外に働きに行くのが難しいけど、隙間時間にちょっとでも仕事をしたい人、 求職中で保活が難航しそうな人、 妊活中で無理なく働きたい人、 そんな人たちにオススメしたい、ウェブ系在宅ワークの実践講座が追加募集されています!! いつあるの? 第2回と第3回の講座の参加者が募集中になっています。
看護師ライター×在宅

在宅ワークまとめ ライターで月8万円以上稼ぐには?

在宅ワークを始めて約2年になるkanaママです。 クラウドワークスに登録して、最初の頃は、月に数百円も稼げていませんでした。 そんなkanaママですが、2年目の今年、在宅ライターのお仕事で月収8万円を越えることができました!(´▽`*) 今まで、ブログに挙げてきた在宅ワークについての記事をまとめてみましたので、興味のある方はぜひ参考にしてもらえればと思います
看護師ライター×在宅

妊娠中の在宅ワークはおすすめ!

在宅ワークで医療系の記事のライターをしているkanaママですが、臨月に入ったのを期に産休に入ることにしました( ^ω^ ) 現在、継続でお仕事の依頼をもらっている企業さんが1社だけなんですが、もうかれこれ2年近いお付き合いになっていて、つわりや子どもの風邪の時など、お休みを頂いたり、納期をずらしてもらったりと柔軟に対応してもらえています。 長期で働けない=仕事がなくなると思っていましたが、クライアントによってはこういった柔軟な対応をしてもらえるところもあって嬉しい限りです。 ここでは、妊娠を機に退職した方など、妊娠中に在宅ワークをしようかと思われている方に役立つ情報をお話ししたいと思います。 在宅ワークに産休・育休ってあるの?
看護師ライター×在宅

在宅ワーク ブラッククライアントの見分け方

クラウドソーシングサービスを利用するにあたり重要なのが、優良クライアントと契約することです。 仕事を提供してくれるクライアントは、個人から企業までさまざまな形態があり、中にはワーカーを騙したり搾取したりするブラックなクライアントもいます( ˘•ω•˘ ) そんなモンスター、ブラッククライアント(命名・悪黒蟻)にひっかからないために、ここではクライアントの見分け方についてお話ししたいと思います。
看護師ライター×在宅

在宅ワーク(ライター)の受注数アップ術!

在宅ワークを成功させるには、クライアントからお仕事の依頼をもらわないことには始まりません。 でも、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスに登録したからといって、次々にお仕事の依頼が入るわけではなく、自分でクライアントの依頼を勝ち取る必要があります。 ここでは、仕事の受注数を増やす方法についてお話ししたいと思います。
看護師ライター×在宅

web系在宅ワークセミナーに登壇してきました!

マムライフクリエーション 以前ご紹介しました福山市主催!web系在宅ワーク啓発セミナーに先輩在宅ワーカーとして登壇してきました(´▽`*) 自治体でこんなセミナーを無料でやってくれるなんて、福山市太っ腹! 反響も大きかったそうで、募集人数30人の予定が4倍の応募があったそうです(゚д゚)! その内容をざっくりとレポートしたいと思います! セミナー参加者120人!
看護師ライター×在宅

子育て主婦には在宅ワークが最適! メリット・デメリットは?

kanaママがクラウドソーシングサービスを使った在宅ワークを始めて感じた、メリット・デメリットをご紹介したいと思います。 結論から言うと、子育て中の主婦には在宅ワークはオススメです! 子どもの風邪や病気で休みがちだったり、家事や育児との両立が辛いと感じていたり、職場で肩身の狭い思いをしていたり、働くママは本当に大変です。 kanaママも会社員時代は大変でした…。(在宅ワークを始めた経緯はこちら⇒会社員から在宅ワーカーへ 収入や生活はこう変わった!) 在宅ワークのメリット・デメリットは以下のとおりです! 在宅ワークのメリット
看護師ライター×在宅

会社員から在宅ワーカーへ 収入や生活はこう変わった!

10/11(水)にある福山市主催!web系在宅ワーク啓発セミナーで、在宅ワークの体験談やらなんやらをお話しする予定のkanaママです(^^♪ 頭の整理もかねて、在宅ワークを始めた経緯について書いてみたいと思います。 会社員時代のkanaママ kanaママは、在宅ワークを始める前は会社員でフルタイムで働いていました。 縁あって福山市でパパと出会って結婚して妊娠・出産。育休を1年もらった後に復帰しました。 ですが、夫婦ともにフルタイム共働きで、実家の支援なし、通勤片道1時間弱(保育園の送迎含む)で、長男は風邪やら病気をもらいまくりで半月近く休むことも( ;∀;)
看護師ライター×在宅

保活の極意!求職の状態を打破する方法

求職活動中の方にとって、保活は他の就労や育休明けなどの条件に比べて優先度が低く、厳しい状態です。 ですが、他の条件に当てはまるようにすれば優先度を上げることができます。 その方法を、2つご紹介したいと思います。
スポンサーリンク